年齢別のパーティドレスの選び方について

パーティードレスを着用する機会で最も多いのは、結婚式です。初めて結婚式にお呼ばれされた時に、失礼やマナー違反がないようにパーティードレスをセレクトする方法を伝授します。まずジーンズなどカジュアルな服装、派手なロングドレス、白色のドレスはNGです。最も人気の高いパーティードレスはワンピースタイプですが、結婚式だけでなく普段ちょっとしたお出掛けでも使える、キレイメワンピースは特に人気が高いです。きちんとしたパーティードレスと比べるとフォーマル度は落ちますが、アクセサリーや小物、髪形のアレンジで十分対応できる優れものです。しかしそんなアレンジが苦手という方には、フォーマルシーン専用のパーティードレスをおすすめします。着るだけでちゃんとした装いとなるため、お呼ばれ先でも失礼になることがありません。

出席する時間帯のシーンでセレクトするパーティードレス

多様化が進んでいる結婚式は、今までは昼間の時間に行うのが一般的でしたが、陽が沈んだ夕方以降にキャンドルに火を灯して、ムード溢れるロマンティックな雰囲気の中行うナイトウェディングも人気です。また挙式には参加せずに二次会のみに参加する場合も増えています。そんなさまざまなシーンに合わせて最適なパーティードレスをセレクトすれば、周りと少し差をつけるお洒落を楽しむことができます。まず昼間に行われる結婚式は、華やかさの中に清楚さがあるパーティードレスを選ぶと良いでしょう。ピンクなどのカラードレスもおすすめです。ナイトウェディングは煌びやかなビジューがあしらわれた、光沢感のあるパーティードレスがおすすめです。ちょっと上品な大人を意識すると良いでしょう。二次会のみの参加は、華美なオシャレは控えいつものコーディネートにパールやコサージュなどの小物をプラスすると、控えめなお洒落を取り入れることができます。

年齢に合わせたパーティドレスをセレクト

パーティードレスを着る機会の多い結婚式は、乳幼児からシニアまで幅広い年齢層が出席する機会があり、その年代に合ったパーティードレスをセレクトする必要があります。乳幼児や小学生は子供らしい可愛さがあるパーティードレスを、中高生のティーンは可愛らしさと清楚感が両立しているパーティードレス、20代や30代はトレンドを取り入れながらもマナーをしっかりと守ったパーティードレス、40代以上は落ち着きのある雰囲気や上品さも重要です。大人として立場にあった装いをするよう心がけましょう。20代は好みでどんなパーティードレスも着用できる年齢ですが、肌の露出には十分気を付けましょう。年配の方も参列される結婚式では、肌の露出に不快感を与えることがあります。また40代は年齢に合わないカラーやデザインをセレクトすると、周りから冷たい目で見られてしまいます。大人の女性として品格ある上品なパーティードレスがおすすめです。