事前に確認しておくべきパーティドレスのポイント

結婚式や二次会、謝恩会、卒業パーティなどおめでたい席に参加する際には、パーティドレスを着て参加する人が多いのではないでしょうか。初めて参加する場合などは、どのようなドレスを選ぶかは迷うところです。パーティドレス選びのポイントは、はじめに服装におけるマナーを知っておくと良いでしょう。結婚式や二次会の場合、白系のドレスは避けましょう。主役である花嫁のウエディングドレスと同系色になるのはNGです。黒一色になるのも喪服を連想させるため良くないです。黒色のドレスを着る際は、羽織ものなどで差し色があれば大丈夫です。また結婚式などでは、殺生をイメージする服装はダメです。例えば、動物柄や皮製品、毛皮などが挙げられます。最後にどのようなパーティシーンでも露出度の高い服装もやめましょう。ただし夜のパーティであればOKな場合もありますのでドレスコードをよく確認しましょう。

年齢や季節に応じたパーティドレスを選ぶのがおすすめ

パーティドレスを選ぶ際は、自分の好きな色や着てみたい色、似合う色など「色」から選んでみましょう。例えば、青系は知的な印象や上品で清楚な印象を与えると言われています。特にネイビーは日本人女性の肌に合うそうです。ベージュ系は肌になじみやすく落ち着いた雰囲気になります。紫系は気品を感じさせます。また、年齢によっても着こなしやすいドレスがありますので、「年齢」から選ぶのも良いでしょう。20代ではピンク色のドレスが一番着こなしやすいと言われています。30代では落ち着いた色合いではあるものの細かいデザインが可愛らしいドレスが若々しい印象を与えるそうです。40代以降の大人の女性であればシンプルなデザインをさらりと着こなすとおしゃれです。さらに季節に合わせてドレスを決める方法もあります。春であれば桜を連想させるピンク色や夏であれば海の青色などです。赤系のドレスは秋冬にピッタリです。

パーティドレスはレンタルを活用するとお得でオシャレ

大学生などが参加する謝恩会や卒業パーティで着るパーティドレスは、黒系のドレスで切り替えしがハイウエストなものやビジュー装飾が施されているものなどが最近の流行として人気だそうです。また、マタニティで結婚式などに参列する場合は、大きなお腹をカバーできるデザインのドレスを選ぶ必要があります。このように流行や一時的な体型の変化に応じて都度ドレスを購入するのは金銭的負担が大きいと考える人もいることでしょう。さらに、パーティドレスは安価で購入することも可能ですが、生地が薄かったりデザインが古かったりと華やかな場にふさわしくないドレスになる場合も多いですから、注意が必要です。そのような場合は、レンタルドレスを活用すると良いでしょう。レンタルドレスは来店し試着して決める方法の他にインターネットサイトからレンタルする方法もあり便利です。