パーティドレスの購入とレンタルの方法について

20歳以上になると友人や会社の人の結婚式、その他パーティーに呼ばれることが増えます。その時に着用するパーティドレスは1着だと同じメンバーのパーティーなどでは着回しが出来ない時があります。そういった場合、新たに購入するかレンタルショップで借りるという手があります。購入する場合、ショップで買うかインターネットで注文するかします。お気に入りのブランドや目当てのドレスが決まっているならショップでもいいかもしれませんがブランドなどにはこだわらず安く購入したい場合はインターネットで探したほうがお得に済みます。またパーティーにはご祝儀やヘアセットなど他での出費が多いのでドレスはレンタルですますという女性も増えています。こちらも店頭やインターネットで借りることが出来ます。急ぎで必要な場合を除き、インターネットなら自宅に郵送してくれるので取扱いが手軽にできるという点でもお勧めです。

シーン別で選ばれるパーティドレス

一口にパーティドレスといってもその種類は目的別に多種多様です。結婚式や披露宴に出席する場合、気を付けなければいけない事が結構あります。近頃ではあまり気にしないという人もいますがご年配の方が多く出席する席では白色、露出が多い、カラータイツなどは避けておくのが無難です。二次会は結婚式ほどの決まりが無いですので自分らしいパーティドレスを選ぶといいです。それ以外には謝恩会などのパーティーがあります。結婚式などの華やかな衣装とは違い、こういったパーティーでは少し明るめでベージュやピンクなど淡い色合いのドレスが多く選ばれます。またスカートは膝丈上の物で羽織物と合わせて着るのがお勧めです。羽織物にはボレロやストール、ジャケットなどがありますが脱ぎ着がしやすいボレロを選ぶ方が多いです。

年代毎にパーティドレスのデザインを選ぶ

マナーさえ守っていればどんなパーティドレスを着ても問題無いと思う方もいるかもしれませんが、やはり年齢によって選ばれるパーティドレスは変わっていきます。10代、20代ではフリルが付いたかわいらしいデザインやスカート丈が膝上の物が多く選ばれます。ただ露出が過ぎるドレスは控えた方が良いのでノースリーブなどはボレロを羽織ると無難です。30代、40代になると大人っぽく上品な色合いとデザインが好まれます。Aラインやマーメイドラインのドレスが大人の雰囲気が出るデザインです。また30代以上になると体型を気にする方も増えてきます。そういった方はスカート丈を膝下のタイプにすると、体型をカバーすることが出来ます。色合いは黒や紺などを選ぶとすっきり見えてお勧めです。ドレスが暗めの場合は小物やバッグで華やかさを出せば問題ありません。ドレスは控えめで小物はゴージャスな物を選ぶとよいです。