シチュエーション別の相応しいパーティドレスとは

結婚式におよばれしても恥ずかしくない、パーティードレスの選び方をご紹介します。パーティードレスと一言でいってもデザインや色、形に至るまで何十通りとありますし、体型や年齢に沿っても選ぶドレスで印象はガラッと変わってくるのです。10代や20代前半の方に人気となっているのが、顔回りを印象的に魅せることができる、肩が出ているデザインのアメリカンスリーブや、ベアトップタイプのドレスです。顔に近い場所が露出していることで、自然と顔に目がいきやすくなる効果があるのです。また、30代の方ではお腹周りをぼかしつつ脚長効果を図ることができる、ハイウエストタイプのドレスが人気となっています。その際に胸元に大きなリボンのような目立つデザインがあると、より視線を上に集めることができます。年齢に関係なく悩んでいる方も多い二の腕のカバーでは、肩に切り替えのないデザインのドレスが最適です。

およばれするシーン別のパーティードレスの選び方

およばれする場所によって、パーティドレスを着こなすということはとても大切です。主に着る機会が多い結婚式、二次会、卒業パーティー、それぞれでドレスの比較をしていきましょう。まず、花嫁が主役となる結婚式では白を選ぶことは絶対にしてはいけません。また、ベージュもなるべくなら避けたほうがよく、派手すぎる色も花嫁より目立ってしまう事が考えられるので、少し落ち着いた色から選ぶようにしましょう。パーティドレスのみの参列でマナー違反というわけではありませんが、ショールやボレロを羽織るとより良い印象となります。続いて二次会でのパーティドレスですが、夜行われることからドレスに光沢があるものを選ぶことが良いかと思います。最後に、卒業パーティーや謝恩会といった比較的カジュアルダウンしたパーティーに出席する際には、結婚式のようにファーマルにまとめる必要はありませんが少し上品にみえるドレスを選ぶと良いでしょう。

シックなパーティドレスにはメイクと小物で華やかさをプラス

今までは体型や年齢に合わせたパーティードレスで、比較的華やかなドレススタイルをご紹介してきましたが、年齢や体形にも関係なく着こなせ、シックなイメージで大人な雰囲気を醸し出すことのできるブラックドレスに着目してみたいと思います。ブラックと言えば、どの色よりも体のラインを引き締めてくれる色になるので、気になる箇所を上手くカバーしてくれる強い味方であると言えます。ブラックドレスは、冠婚葬祭のどちらでも着用ができるので1枚持っていると便利に着まわせるでしょう。そんなブラックドレスを着用の際には、メイクや小物で華やかさをプラスすることが大切です。メイクでは普段使うことのないアイシャドウへの挑戦や、バッグやパンプスは光沢のあるゴールドで合わせるなど、小物で楽しむことができるのもブラックドレスの良いところです。